【Warframe】LIMBOの使い方とビルド例4種

【Warframe】LIMBOの使い方とビルド例4種

【PC 30.3.4】

今回は筆者のお気に入りフレーム、LIMBOのビルドをご紹介していきます。

扱いが難しいフレームですが、使いこなせば唯一無二、絶対的な能力を誇る強フレーム。一方、扱い方を間違えると味方を邪魔してしまうなど、デメリットもあります。

そんなLIMBOについて、今回はいろいろと解説&ビルド紹介をしていこうと思います。

LIMBOの「異次元」

LIMBOはどんなフレームなのか?という話をするには、まず何より異次元の話をしなければいけません。

LIMBOはアビリティを使って、自身や敵味方、オブジェクト等を「異次元」に送ることができます。といっても、異次元送りにされた存在は、その場から消えるわけではありません。普通に存在して行動します。

異次元に送られた存在は、実次元に対して干渉できなくなります。一方で、異次元にある存在同士は、通常と同じように干渉できます。

異次元実次元
異次元[O]干渉可能[X]干渉不可
実次元[X]干渉不可[O]干渉可能

干渉不可というのは、ようするに攻撃を当てたりできなくなる、とザックリ考えて下さい。

演習1:LIMBO自身のみ異次元にいるケース

たとえば、LIMBO自身だけが異次元にいて、他の味方や敵がすべて実次元にいる状態を考えてみましょう。

  • LIMBO … 異次元
  • 味方 … 実次元
  • 敵 … 実次元

この場合、味方と敵は通常どおりに交戦できます。ただし、LIMBO自身は異次元にいるため、敵の攻撃が当たらない一方、LIMBO自身の攻撃も敵に届きません。

演習2:味方を異次元に送ると…

今度は味方を異次元に送った場合を考えてみましょう。

  • LIMBO … 実次元
  • 味方 … 異次元
  • 敵 … 実次元

このケースだと、敵が実次元にいるため、味方は敵の攻撃を受けません。一方で、味方も敵に攻撃が届かない状態になってしまいます。

これがあるので、LIMBOがオンラインで敬遠されてしまうんですね。「味方を交戦不能な状態にしてしまえる」フレームだからです。

演習3:敵を異次元に送ると…

今度は敵を異次元に送ってみましょう。

  • LIMBO … 実次元
  • 味方 … 実次元
  • 敵 … 異次元

この場合は、LIMBOも味方も、敵に一切攻撃が届かなくなります。一方で、敵からの攻撃も受けなくなります。

このパターンでも、やはり事実上、味方を交戦不能な状態にしてしまっているわけです。

演習4:敵味方が実次元・異次元に入り乱れている場合

最後に複雑なシチュエーションを見てみましょう。

  • LIMBO…異次元
  • 味方…実次元
  • 敵1…異次元
  • 敵2…実次元

この場合、それぞれの関係性は以下のようになります。

敵1(異)敵2(実)
LIMBO(異)[O]
交戦可
[X]
交戦不可
味方(実)[X]
交戦不可
[O]
交戦可

異次元にいるLIMBOと敵1同士は交戦可能。お互いに攻撃が届きます。実次元にいる味方と敵2も同様です。しかし、異次元にいる敵1と、実次元にいる味方とは交戦できません。LIMBOと敵2も同様です。

つまり、交戦可能な対象と、そうでない対象が入り乱れてしまうわけです。

これが双方2人ずつならまだわかりますが…。味方4人、敵は何十人もいて、それぞれ異次元・実次元が入り乱れていると、もはやワケがわかりません。

敵だけでなく、味方陣営に多大な混乱を招いてしまいます。

アイテムやコンソールにも影響する

さて、わかりやすさのために「敵」「味方」で説明してきましたが、オブジェクトも異次元の影響を受けます。ドロップアイテムやコンソールなどです。

そのため、たとえば機動防衛でコンソールにアクセスする前に4番で覆ってしまうと、コンソールを機動できなくなる…等の弊害が生じます。4番解除すれば大丈夫ですが、ミッション進行を阻害する要因になりかねません。

一部攻撃アビリティは例外

さて、これまで「交戦可」「交戦不可」という言葉で説明してきましたが、一部の攻撃アビリティのみ、例外的に次元の壁を超えて作用できます。

つまり、一部の攻撃アビリティを使えば、異次元から一方的に実次元に対して攻撃できます。

どうやって扱えばいいのか?

さて、だいぶ厄介な能力ですね、LIMBOの異次元。これをどうやって扱えばいいのか…。そのへんの具体的な話は、ビルド解説をしながらお届けしていこうと思います。

LIMBOのアビリティ解説

使い方解説の前に、、まずはLIMBOのアビリティを見ていきましょう。

パッシブ:

ローリング動作で、LIMBO自身の実次元⇔異次元を切り替えます。実次元でローリングすれば異次元に、異次元でローリングすれば実次元に移動します。またその際、触れることで次元を切り替えできる亀裂を短時間生成します。

1番:Banish

レティクル方向の扇状範囲の存在を、LIMBOが今いる次元とは異なる次元に送ります。このアビリティは、LIMBOがいる次元と、対象のいる次元が一致していないと使用できません。

LIMBOが実次元にいる場合、範囲内の実次元にいる対象を異次元に送ります。
LIMBOが異次元にいる場合、範囲内の異次元にいる対象を実次元に送ります。

このアビリティは、敵にも味方にも無差別に作用します。

2番:Stasis

異次元にいる敵の動作を停止させるアビリティです。効果時間中は、異次元にいる敵は一切の行動を停止します。

3番:Rift Surge

こちらも異次元にいる敵にのみ作用するアビリティです。異次元にいる敵に対して、「Rift Surge状態」とでも言うべき特殊な効果を掛けます。ただし、掛けただけでは何も起きません。

「Rift Surge状態」にある敵が、異次元から実次元に戻った際、その敵を中心に即座に1番Banishが発動し、その敵と周囲の存在を巻き込んで異次元に送ります。

また、「Rift Surge状態」にある敵が倒された場合、周囲の実次元にいる敵一体を「Rift Surge状態」にします。

4番:Cataclysm

ターゲット範囲を中心に、異次元フィールドを展開します。このフィールド内にいる存在は、すべて異次元に送られます。1番と違い、空間ごと異次元送りにすると考えて良いでしょう。

発動時と終了時に微弱なダメージを出力します。また、フィールドの境界線を出入りする敵に対しても、微弱なダメージを与えます。

フィールドは時間経過に伴い縮小していきます。

LIMBOの使い方

ここまでの内容だと、まだよくわからないですよね。具体的に使い方を見ていきましょう。

基本的に【ソロで】扱う

まず基本的に、LIMBOはソロで扱うフレームだと考えたほうが良いでしょう。味方がいないだけで、次元管理(誰がどの次元にいるのか?)が大幅にラクになります。

慣れるまでは【パッシブだけ】使う

異次元に慣れるまでは、パッシブアビリティだけを使っていくのがオススメです。パッシブでできるのは、自身を異次元⇔実次元に切り替えることですね。

このパッシブアビリティだけでも、交戦の不要な潜入、救助、妨害(一部除く)、5分耐久etcでは極めて強力です。ノーダメージでラクにクリアできるケースも多くなります。

慣れてきたら、2番+4番の時止め運用

異次元に慣れてきたら、2番+4番の時止め運用にチャレンジしてみましょう。4番でエリア全体を異次元に送り、2番を発動すると、4番範囲内の敵がすべて動きを停止します。あとは煮るなり焼くなりご自由に、というわけです。

ナリファイアバブルに触れると4番自体が消し飛ぶので、コーパス相手には注意が必要です。

たまに機動防衛などで4番だけ展開し、2番を使っていないテンノを見かけますが…個人的には2番も併用したほうが安全性が高まると思います。4番だけだと、敵の行動を阻止する効果は(ほとんど)期待できないので。

1番3番は原則として使わないでOK

1番と3番については、原則として使わないでOKです。これらのアビリティは、異次元と実次元に入り乱れる戦況を生み出しやすく、かえって自分が混乱してしまうことも多くなります。

ただし1番に関しては、救助対象の人質や仲裁防衛のNPC、エイドロンルアーなど、交戦能力の無い(or期待しない)対象を保護する目的で運用することは現実的です。

LIMBOの使い方ざっくりまとめ

基本的にソロで運用します。交戦不要なミッションなら、パッシブのみでも反則的に強力です。異次元に慣れてきたら、2番+4番の時止め運用も。

基本的にLIMBOの仕事としては、パッシブ運用と2番+4番運用ができれば十分。1番3番は混乱を招きやすいこともあり、基本的に使わない方針で大丈夫です。

LIMBOのビルド&運用例

さて、だいぶイメージが掴めてきたでしょうか。では、より具体的にビルド例と運用例をご紹介していきましょう。

動画まとめ

今回ご紹介するのは、以下の4つの例です。

  • 狭範囲の時止め定点防衛ビルド
  • 広範囲の時止め殲滅ビルド
  • Marked for Death(MfD)を使ったマジシャンLIMBOネタビルド
  • パッシブのみを使ったマタドールLIMBOネタビルド

ネタビルドが2つ入っていますが、当サイトはあくまでネタビルド研究所ということで。

また、LIMBOによるエイドロンハントのソロ攻略についても、こちらの記事にアップしてあります。

時止め定点防衛LIMBO

2番+4番の時止めで、機動防衛や発掘などの定点防衛を担うビルドです。

このケースだと範囲が広すぎても使いにくいので、Narrow Mindedで範囲を狭めています。時間が長いほうが掛け直しの手間も少なく便利です。

Rolling GuardはLIMBOのパッシブと相性が良く、異次元→実次元の移行時にうまく発動すれば、3秒だけですが実次元でも安全に行動できます。

広範囲時止めLIMBO

続いて広範囲の時止めLIMBOです。

広範囲に4番を展開し、2番で敵を止めて無双するビルドです。上記ビルドでは3番増強を併用する形になっていますが、2番4番のみでも機能します。3番を使わないパターンだと、Blind RageとRift Torrentは不要になります。

3番を併用すると、敵が異次元と実次元に入り乱れるタイミングが生じるため、立ち回りに慣れが必要になります。一方で、4番解除後もある程度の時止めを維持できるほか、敵の数によっては、3番増強によりCHROMAを越える大幅な基礎ダメージ上昇バフを得られる等、強力なメリットもあります。

MfDマジシャンLIMBOネタビルド

ここからはネタビルドです。まずはMfDを使ったマジシャンLIMBOネタビルドです。

前述の広範囲時止めビルドでは、止めた敵を倒すために走り回る必要があり、少し面倒です。そこで範囲をそこそこに留めつつ、3番増強+MfD+レイピアのヘビー攻撃を使って、止めた敵集団を一撃で殲滅するビルドを組んでみました。

アビリティ1番枠にヘルミンスのMarked for Death(MfD)を移植。2番→4番→3番→1番枠移植MfDとテンポよくアビリティを展開し、1番を掛けた対象にレイピアのヘビー攻撃を叩き込みます。

2番→4番で周囲の敵が停止、3番を掛けることで増強が発動して基礎ダメージ上昇、MfDからのレイピアヘビーで周囲の敵に大量の切断DOTをばら巻きます。

一連の所作がいかにもマジシャンっぽくて良い感じです。

ビルド的には、範囲・威力軸の【時短構成】になっています。

LIMBOで時短構成は通常、まず選択されないビルド方針です。が、なぜ今回こうしたかというと、3番(によって発生した通常1番)の効果を短時間で終わらせるためです。

今回の立ち回りでは、一連の動作の終了後に、3番によって敵が実次元・異次元に入り乱れる時間帯が生じてしまいます。各アビリティの時間差によって、これはどうしても避けられません。そこで、敵が実次元・異次元に入り乱れる時間帯をなるべく短時間で終わらせるために、時短構成を採用しているわけです。

かといって時間が短すぎると、今度は一連の動作を終える前にアビリティが終わってしまい、戦略が成立しなくなります。そのため、2→4→3→1→ヘビーと素早く展開するのに必要最低限な時間を見極めて、MODのランクを調整しています。

マタドールLIMBOネタビルド

最後にマタドールLIMBOネタビルドです。マタドールというよりフェンシングに近い立ち回りになります。

使用するアビリティはパッシブのみ。使う武器はレイピアのみ。これでも「鋼」の各ミッションで十分に戦っていけます。

基本的に異次元でアンガルド(構え)。マルシェ(前方ローリング)で実次元に移行して素早くクードロア(構え近接攻撃1段目)。すぐにロンペ(後方ローリング)で異次元に戻ります。考え方としては、フェンシングの基本動作と同じです。

LIMBO選手のクードロア

フェンシングで「足さばきが重要」と言われるのと同様に、パッシブ軸LIMBOの立ち回りも足さばき=タイトで隙のないローリング操作が重要になります。異次元からマルシェ、アタック、ロンペとスムーズに動けると、実次元にいる時間を極めて短くできるため、被弾の機会そのものを最小化できます。

ビルドは以下の通り。

パッシブ以外のアビリティを使わないので、枠はほとんど余ります。AdaptationとVitalityを積んでいますが、前述の通り、動作がしっかりしていれば被弾の機会も少ないので、これも不要といえば不要です。ただ他に付けるMODもないので、保険として積んでる感じですね。

まとめ:

それではまとめに入ります。

LIMBO、やっぱりカッコイイですね。レイピアが非常によく似合います。

アビリティは扱いに慣れるまで本当に大変ですが、慣れてしまえば唯一無二。

分隊での運用には向かずソロで扱っていくフレームになるため、実戦経験を積むまでは苦労も多くなります。が、扱いに慣れれば強くてカッコいいフレームです。ぜひ楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。