OCTAVIA&Mandacord研究ノート

【PC 29.10.7】

研究ノートです。雑に書きます。画像とかもなし!研究に目処がついたら、ちゃんとOCTAVIAの記事を書きます。

Mandacordの仕様

4小節、クオンタイズ16分のステップシーケンサー。ドラムトラックはキック、スネア、ハット。ベースとリフは下から「レ・ファ・ソ・ラ・ド」のDマイナーペンタトニックスケール。音色によって多少違いあり。また、MONOかPOLYかも音色によって違う。BPMは120。

BPM120、クオンタイズ16分なので、いわゆる「連打譜面」だと1秒あたり8回のノートオン。

具体的な音価は以下の通り。

連打
●●●●
16分音符8回/秒0.125秒/1音
1つあける
●○●○
8分音符4回/秒0.25秒/1音
3つあける
●○○○
4分音符2回/秒0.5秒/1音
7つあける
●○○○○○○
2分音符1回/秒1秒/1音
BPM120、クオンタイズ16分の音価

発射速度が1,2、4、8のいずれかにできれば、頭のタイミングさえ合わせてやれば、少なくとも射撃武器は撃ちっぱなしで3番のバフをカンタンに得られる。

3番のマルチショットバフを活かせる武器は?

まずは射撃武器に関して。フルオート撃ちっぱなしで3番のマルチショットバフを得るには、発射速度が1、2、4、8のいずれか。現実的に考えると8がベスト。

しかし、ドンピシャで発射速度8の射撃武器は今のところ存在しない様子。なので、MODの組み合わせで調整する必要がある。

※発射速度4はKNELL 、STUG、PYRANA PRIMEの3つがある。これらは速度調整ナシかつ撃ちっぱなしでOCTAVIA3番のマルチショットバフを得られる。ただしKNELLはフルオートモードを発動させるのが厄介。

現存するフルオート武器のうち、MODの組み合わせによって「発射速度8.00」を実現できる条件について調べた。

発射速度速度MOD1速度MOD2結果
5.00+60%/8.00
6.25+40%-12%8.00
10.00+10%-30%8.00
12.50-36%/8.00
20.00-36%-24%8.00

また上記には書いていないが、発射速度4の射撃武器を速度MOD2枚で+100%にする選択肢もある。

プライマリ

MODで発射速度8になるように調整できるプライマリ武器。実際に全部試したわけではないので差異あるかも。スピンアップ考慮してないです。

発射速度武器
6.25BUZLOK
10.00KUVA HIND
MUTALIST QUANTA
BOLTOR PRIME
STRADAVAR
STRADAVAR PRIME
KITGUN(RATTLEGUTS+Steadyslam)
12.50GORGON
SPRA
SPRA VANAL
20.00GRAKATA

プライマリは発射速度を下げるMODが2つあるため、発射速度20のGRAKATAも-36%と-24%の組み合わせで-60%、すなわち発射速度8まで下げることができる。

セカンダリ

MODで発射速度8になるように調整できるセカンダリ武器。こちらも全部試したわけではなく、またスピンアップも考慮していない。

発射速度武器
5.00ATHODAI
TWIN GREMLINS
KOHMAK
10.00AZIMA
FURIS
AKSTILETTO
KUVA TWIN STUBBAS
12.50AFURIS
AKSOMATI
DUAL CESTRA
SECURA DUAL CESTRA

これらの中から、武器の性能だとかその他諸々を総合的に勘案していく。

近接の合わせ方

続いて、3番に近接攻撃を合わせる方法。最初は攻撃速度を合わせれば…と思ったけれど、スタンスコンボによって攻撃速度が変わったりして難しい。

どのタイミングを音符に合わせればいいのか

まず、3番の近接バフを得るには、通常の近接攻撃とヘビー攻撃とで、合わせるべきタイミングが異なる。

  • 通常の近接攻撃…ボタンプッシュ
  • ヘビー攻撃…チャージが終了したタイミング

こう整理するとカンタンそうだが、実際にはいろいろと厄介。

通常の近接攻撃を合わせる方法

まず、近接武器の攻撃速度は、アーセナル上の数値と実時間が一致していない、という問題がある。武器種別やスタンスによるモーションの違いなどで、たとえば攻撃速度1.00でも一秒に2回振れる武器も多い。かといって厳密に0.5秒に1回=Mandacordの四分音符に対応する形で振れるかというと、そうでもない。コンボの段階によってモーションの長さが違うため、次回ボタン入力を受け付けるタイミングがズレてしまう。

よって、どんなに攻撃速度を調整しても、近接ボタン連打(マウスホイールに割り当てて回す等)ではタイミングが合わず、バフをなかなか溜められない。

いろいろと試した結果、どんなモーションでも最低限、1秒に2回”以上”振れる攻撃速度で、タップテンポの要領でMandacord四分音符に合わせて近接ボタン入力を続けると、連打譜面で比較的安定してバフを溜められると判明した。

ヘビー攻撃を合わせる方法

次にヘビー攻撃を合わせる方法。これも厄介で、不確かだが、ヘビーボタンプッシュのタイミングではなく、チャージが終了したタイミングに3番バフの判定が生じる様子。

Warframeの近接ヘビー攻撃は、「チャージ開始⇒チャージ完了=攻撃モーション開始⇒攻撃発動」という流れで処理されている…と、どこかで読んだ覚えがある。チャージ開始からチャージ完了までは「チャージ速度」に、チャージ完了=攻撃モーション開始から攻撃発動までの速度は「攻撃速度」に依存するとか。

おそらくこういった仕様の関係で、ヘビー攻撃の場合、Octavia3番に合わせるには、「ボタンプッシュ」ではなく「チャージ完了」という厄介なタイミングを合わせていく必要がある。

とはいえ実際には、ヘビー攻撃のチャージ速度を0.5に調整し、Mandacord上で「ボタンプッシュを合わせる音符」の1拍後に「チャージ完了が合う=バフが溜まる音符」を置いてやれば良い。

「ボタンプッシュを合わせる音符」は、たんなる目安なので、リフのトラックになくても良い。たとえばドラムトラックに四つ打ちのキックを入れておいて、リフのトラックに2-4(2拍目アタマと4拍目アタマ)で音符を置いてやる。そうすると、1-3のキックに合わせてヘビー攻撃を撃てば、2-4のタイミングでヘビー攻撃のチャージ完了が合い、バフを溜めることができる。

ただ、これでも問題があり、ヘビー攻撃も2つのモーションを持っている。そして、モーションによって微妙に速度が違う。このため、上記方法でヘビー攻撃を2連続で合わせようと思っても、1回目は合うが2回目は合わない…といったことが生じてしまう。これはちょっと対策方法が無いんじゃないかな…。

ブーメランのチャージ投擲

ブーメランのチャージ投擲も、基本的にはヘビー攻撃と同じタイミング処理。ただしこちらは、「ボタン押下時」と「チャージ完了またはボタンを離した瞬間」の両方に、3番の同期判定がある。

そのため、チャージ時間を0.5秒に調整し、ボタン押下時のタイミングだけ合わせれば、4分音符2発の打ち込みに同期させることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。